萌えイラスト研究ブログ

このブログの目的は、①主にかわいい女の子の絵を制作して、気付いた点をまとめること、②練習のペースメーカーとすること、③描いた絵を発信すること、です。

『キャラの背景描き方教室(以下略)』scene1②

f:id:aurichalcite:20180619035318j:plain

ある教則本によれば、画力は、様々なパラメーターの総合力だそうです。

すなわち画力はドラゴンボールの戦闘力で表されるような一義的なものではなく、個別の力の集合体だということです(足を描く力、手を描く力、顔をかわいく描く力…から、人体の構造に関する知識、遠近法に関する知識、…物の輪郭を追う力、物を面でとらえる力…etc)。

 

特にこの『キャラ背景の描き方教室』という本では、その冒頭で、物を面でとらえる必要性が強調されています。

 

確かに、説得力のある絵に仕上げるには、物の輪郭を追うだけでなく、立体物を面でとらえて色や明暗で表現する力が重要になってくるだろうと思います。

 

私の場合、「物の輪郭を追って脳に一時的に保持し再現する力(要するに、模写)」は幼少期の模写経験から比較的身についていると思うのですが、一方で、輪郭の脳内ストック(「形状ストック」)や、「立体物を面でとらえて色や明暗で表現する力」はまだまだな感じかと自己分析しています。

 

それらを身につけるために、来月からデッサン教室に通う予定です。

デッサンは鉛筆だし、デジタルイラストの表現に直結するかどうかは不明ですが、何かしらの気づきがあるのではないかと考えています。

『キャラの背景描き方教室(以下略)』scene1①

f:id:aurichalcite:20180617012251j:plain

受験生の間で、「問題集を「つぶす」」という言い方をするときがありますが、

(※つぶす:1冊の問題集を網羅的に解いて理解すること)

メイキング本をつぶせばレベルアップできるのでは…と考えて、メイキング本に沿って再現してみようと思い立ちました。

 

ですが1ページ目でつまづいてしまいました。

 

この著者の描き方は、モノクロで明暗を描き分けた後にオーバーレイで色を乗せる(いわゆる)「グリザイユ画法」ですが、あまりモノクロでシルエットから描く経験がなくてうまくできませんでした。

 

またちょっと描きなおしてみます。

模写3(momi先生『ワンだふるぴーす!』p4)

f:id:aurichalcite:20180616031245j:plain

 

はてなブログでは「過度に性的な…描写」がダメみたいです。

 

元の絵は水着なので露骨に局部がでているわけではないのですが、大変に優れたエロ漫画であり、十分に性的な描写なので、一応自主規制として一部ぼかしときます

 

ただ一つ思うのは、何でもかんでも隠せばいいってもんじゃないということです。

隠した方がむしろエロくなることの方が多いと私は思います。

模写2(momi先生『ワンだふるぴーす!』p2)

f:id:aurichalcite:20180615150412j:plain

momi先生の描く女の子は顔が楕円に近くて目が少し離れ気味でロリ、というかあどけないお姉さんっぽいところが良い。

そして胸が巨大。。。

 

模写はどこまで突き詰めて描くべきなのか悩んでいます。

言い換えれば、細部までこだわって1枚1枚の絵をじっくり時間をかけて模写すべきか、それとも、細部は省略しつつたくさんの絵を短時間で模写すべきか?

 

この模写にしても、髪を塗ってないし、そのほかにもちょっと適当な部分が残ってしまっています。一方で完コピを目指すと1日では描き終わらなさそうで…

 

少し考えてみたところ、まずは形状のストックを増やしたいので、やはり普段は色んなポーズを、ざっくりと模写していこうと思います。

 

一方で、「神は細部に宿る」というように、細部までこだわって観ないと見えない部分(や苦労)もあると思うので、たまには完コピを目指して模写してみようと思います。

 

そういえばこの間行ったAnmi先生のセミナーでも、塗まで完コピしてみるのは勉強になる、という趣旨のことをおっしゃっていました。なので、妥協のない模写も必要なんだろうと思います。

模写1(momi先生『ワンだふるぴーす!』p1)

f:id:aurichalcite:20180614222120j:plain

momi先生の絵が好きなので、これから定期的に模写して学んでいきたいと思います。

うーんすごい。

あんさんぶるスターズ!逆先夏目・明星スバル途中

f:id:aurichalcite:20171213114512j:plain

あんスタの絵です。

 

私自身は「あんスタ」なるゲームをやらないのですが、あんスタが好きな友人(男性)がおりまして、スバ夏結婚式を描いてくれ、ということだったので描いてました。

夏目くん(左)は、麗しくて描いていて楽しかったです。

友人いわく、同性パートナーシップ条例がある渋谷区という設定らしいです。

また時間があれば色塗るかもです。