読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も一抜き

オタクの法科大学院生が、日々の雑感、法律、趣味(音楽・芸術・酒)について書いていきます。

丸亀のち雲林坊①

行動記録

・9時起床。前夜、4時すぎまでiPad proについて調べていたので、起きるのがかなりきつかった。

iPad proは、プロのイラストレータも仕事で使うほど、お絵描きツールとして有用らしい。というのも、同商品は、これまでのものより画面が遥かに大きく(9.7インチと12.7インチの2種類がある)、専用のタッチペンを使えば筆圧感知やペンの傾きも検知する液晶ペンタブレットとして使用可能で、その対応アプリも無料で高性能なものが多数出ているのだ。携帯可能性はでかい。アホみたいにほしい。ただ、値段が現状9万円ほどするため、割賦弁済にするとしても、今の私にはキビしい。

・9時半、バターチーズトーストとコーヒーの朝食を食べる。

・10時頃家を出ようとしたが、ブログをだらだら書いたりして、結局11時半に出発となる。

・11時半すぎ、丸亀製麺で明太釜玉うどんとイカ天を食べる。丸亀製麺は本当に安くて、いつ食べてもうまい。非の打ち所がまるでない。ちなみに私は普段とろ玉うどん(冷)しか注文しないのだが、なぜが今日初めて明太釜玉うどんを注文した。うまかった。

・12時45分ころから19時半まで、神田北口サンマルクにて刑法と行政法の勉強をする。4組のKが同席していた(各々別の勉強をした)。

・しゃぶしゃぶを食うというKと別れ、20時ころ、一人で神田の雲林坊で担々麺を食べる。本格派の四川風担々麺で、舌鼓をうった。唐辛子の辛さと、山椒のピリッとした辛さと、ごまのクリーミーさが絶妙。担々麺とライスで1080円(高い)。

秋葉原に徒歩で行くものの、これ以上お金を使いたくなかったので、何もせず帰る。

・21時から24時まで、ゲートシティ大崎で刑法の勉強をする。

尾上若葉というぐうシコAV女優で抜く。

スタバは美人が多い③

行動記録

・?時起床。時計が見当たらず、ipadiphoneも充電がなく起床時間を確かめられなかった。携帯の充電を決まったタイミング(帰宅後すぐなど)で必ずやる人もいるようだが、自分は行き当たりばったりな性格なので、電池が切れて、かつ必要になり次第充電を行っている。

・起きてすぐ、朝抜きする(ルナリス・フィリアのフィリアちゃん)。

・その後二度寝をして、11時に起床。

・11時半、焼きそばとミネストローネを食う。

・12時ごろ、昼抜きをする(またフィリアちゃん)

・16時ごろ、行政法の勉強をする。12時過ぎから勉強を始めようと思っていたのに、はじめたのは結局16時だった。勉強は、「やることそれ自体」よりも「やり始めること」に非常に大きなエネルギーが必要となる。何の強制力もない日に、自分ひとりでこのエネルギーを出すことは困難だ。だから、そういう日にもきちんと勉強しようと思うのなら、友達と図書館で待ち合わせをして各々勉強するとか、とにかく勉強環境に身を置かざるをえない状況を作るなどして、自分なりに外部的強制力を働かせるべきである。このことは経験上、十分にわかっていた。にもかかわらず、それを怠った。これはもう、重過失というほかない。

・私はまとめノートは作らないのだが、学期の初めに友人からその作成を安請け合いしてしまった。私は一度受けてしまったことを断るのも苦手なので、ほぼ友人のためだけに行政法の授業まとめノートを作り出す。

・スタバには美人が多い・・・カップルも店員も。衣食住の足りる者にとって、何をなすより美女とセックスすることこそが最高の幸福であり、それをなしうる者こそが絶対的勝ち組なのだ・・・とむなしいことを考える。

・18時半、夕飯は寿司とサラダと麩の味噌汁とシュウマイと(さっぱりした)から揚げとプレモル

・夜抜きをする(艦これの鹿島)

・22時、勉強再開。大体はじめようと思った時刻から2~3時間くらい遅れてしまう。自分の弱さを感じる。2時までスタバにて行政法百選を読む。

税制調査会②

行動記録

・8時半、起床。起きて間髪をいれずに、朝抜きをする(ハメ得おりこうJKペットとかいうエロゲの桑原葉月)。

・肉まんとホットコーヒーの朝食を食べる。

・10時、サンマルクカフェ神田北口店に向かう。終日、同じクラスの佐野と鈴木と租税法の勉強会の予定であった。

・佐野に今描いている「響け!ユーフォニアム」の中川夏紀先輩の絵を見せたところ、上手だと褒められた。さらに、ちょうど昨日、彼もユーフォニアム2の最終話をネットで見たようで、この奇妙な偶然に意気投合した。

・租税法の勉強会では、3人一緒に、2009~2015年度までの期末試験の過去問を順に解いていった。

・昼は博多ラーメンの「風龍」だった。これまで私は、麺の固さ「普通」の「博多ラーメン」を頼むのが常だったが、今日はなんとなく、麺の固さ「バリカタ」の「博多マー油ラーメン?」を頼んだ。最近食べる量が増えてきていて、お腹も少し出てきている。しかし、今日も自制できず、2回替え玉をし、後から卵トッピングをした。

・家系的に循環器系がよくないので、やめようと思っているが、タバコを一本すった。

・佐野は、疲れたといって18時半ころに帰った。私は、気分転換にと思って、鈴木を誘って、法律書の品揃えがよい水道橋の「丸沼書店」まで(わざわざ)電車でいった。法人税法のわかりやすい本がほしかったが、会計士や税理士などの実務家向けの本しかなく、結局自分にとっていい本がなかったので、何も買わなかった。

・丸沼書店を出たころには20時前になっていた。近くにある水道橋のサンマルクに行こうとしたが、土曜日は21時で閉店するとのことだった。そこで、23時まであいている秋葉原のヴェローチェに徒歩で向かうことにした。

秋葉原のヴェローチェにいたるまでに、お茶の水吉野家で牛丼並を食べた。

秋葉原のヴェローチェで、租税法の残りを解いた。同店舗には、水瀬いのりに似た店員がいて、私はいつも若干テンションが上がるのだが、やはり今日も何もしなかった。

・23時ころ、寒い中帰宅する。マンションのロビーにあるソファで、12時45分までだらだらスマホを見、所得税法の本を読み、を繰り返す。

・本日2度目の抜きをする(陽木かれんちゃん)

・「カフェ店員 ナンパ」など検索して時間を無駄にする。

 

以上

日記を書くことにします

散文 行動記録

1 序

私は日記を書き始めることにした。

その理由は、自分が過去に何をしたかを忘れてしまうことに寂しさを感じたからだ。

 

2 事の経緯

例えば、1年前の今日、2年前の今日、3年前の今日に、自分が何処で何を見て、何を感じたのか改めて思い返してみても、まったく思い出せない(まめでない私の場合、スケジュール帳なども持っていない)。

何をしたのか思いだせない、ということは、その過去の時間は「あってもなくてもいい時間」あるいは「無駄で無価値な時間」だったということになってしまわないか?

 

この問いに対する私の答えは、NOだ。

つまり、過去に自分が何をしたのか思い出せないからといって、直ちに過去の時間が無駄なものだったといえるわけではない。その根拠は2つある。

 

第一に、自分の過去になしたことが自分の記憶の中にないのだとしても、誰かの記憶の中にはある場合がありうる。そして、自分の過去になしたことが他者に何らかの影響を与え、他者の記憶の中に刻まれ残っているなら、それは「あってもなくてもいい時間」ではないはずである。

むしろ、決定的な理由は以下に述べる第二の点である。すなわち、仮に何年何月何日の何時に自分が何をしたかを特定して思い出せないとしても、あるいは他者の記憶に自分を刻みつけるような影響を及ぼしえなかったとしても、過去に経たすべての時間が今の自分を形作っているはずである。今の自分の人格が形成され、今の人間関係が構築され、今自分がこの場所で生きているのは、これまで経てきたすべての過去に基づくはずである。そして、今の自分の存在を肯認する以上、すべての過去の時間は今の自分にとって「あってもなくてもいい時間」足りえないのである。

 

ただそうはいっても、人の記憶力には限界があるので、何か記録を残さない限り、確かに経たはずのその1日を振り返ることができないことに変わりはない。

また、自分が何を経験し何を感じたか知っているのは基本的には自分だけなのである。自分が忘れてしまったら、自分の体験が世界のどこにも存在しないことになってしまう、事実そうでなくてもそういう錯覚を起こしてしまう。

私は、それが寂しいなと思ったから、日記を書くことにした。

 

3 付言

誰に向けるでもない付言を2点述べる。

 

第一に、このブログにおける私の日記は、単なる私の個人的な行動記録であって、おそらく私以外の誰にも得をもたらすものではない(何らかの理由で、私の行動記録を見ることが有用な方が、ごくごく例外的に存在するかもしれないが・・・)。

こう書くと、個人的な行動記録ならブログとして公開せずとも、日記帳にでも書けばいいではないか、という指摘がどこかから飛んできそうだと思う。

ただ、日記帳にペンを走らせるより、パソコンのタイピングをした方が早いし、だいたいブログなりSNSというものは、自分の投稿が誰かのメリットにならないものだと知っていても、自分について誰かに見てほしい、という、ある意味自己満足的な思いから書くものではないだろうか。

 

第二に、私の場合、日記を継続的につけるのは億劫になってしまい、途中でやめてしまうことが過去に何度かあった。すでに述べたとおり、これは行動記録にすぎないので、基本的に箇条書き方式にとどめようと思う。

 

4 さいごに

大体私の場合、ブログは3日坊主になってしまうことが多いので、どこまで続けられるかわからないが、(日記に関しては)あくまで、自分のために、書いてみようと思う。