読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も一抜き

オタクの法科大学院生が、日々の雑感、法律、趣味(音楽・芸術・酒)について書いていきます。

スタバは美人が多い③

行動記録

・?時起床。時計が見当たらず、ipadiphoneも充電がなく起床時間を確かめられなかった。携帯の充電を決まったタイミング(帰宅後すぐなど)で必ずやる人もいるようだが、自分は行き当たりばったりな性格なので、電池が切れて、かつ必要になり次第充電を行っている。

・起きてすぐ、朝抜きする(ルナリス・フィリアのフィリアちゃん)。

・その後二度寝をして、11時に起床。

・11時半、焼きそばとミネストローネを食う。

・12時ごろ、昼抜きをする(またフィリアちゃん)

・16時ごろ、行政法の勉強をする。12時過ぎから勉強を始めようと思っていたのに、はじめたのは結局16時だった。勉強は、「やることそれ自体」よりも「やり始めること」に非常に大きなエネルギーが必要となる。何の強制力もない日に、自分ひとりでこのエネルギーを出すことは困難だ。だから、そういう日にもきちんと勉強しようと思うのなら、友達と図書館で待ち合わせをして各々勉強するとか、とにかく勉強環境に身を置かざるをえない状況を作るなどして、自分なりに外部的強制力を働かせるべきである。このことは経験上、十分にわかっていた。にもかかわらず、それを怠った。これはもう、重過失というほかない。

・私はまとめノートは作らないのだが、学期の初めに友人からその作成を安請け合いしてしまった。私は一度受けてしまったことを断るのも苦手なので、ほぼ友人のためだけに行政法の授業まとめノートを作り出す。

・スタバには美人が多い・・・カップルも店員も。衣食住の足りる者にとって、何をなすより美女とセックスすることこそが最高の幸福であり、それをなしうる者こそが絶対的勝ち組なのだ・・・とむなしいことを考える。

・18時半、夕飯は寿司とサラダと麩の味噌汁とシュウマイと(さっぱりした)から揚げとプレモル

・夜抜きをする(艦これの鹿島)

・22時、勉強再開。大体はじめようと思った時刻から2~3時間くらい遅れてしまう。自分の弱さを感じる。2時までスタバにて行政法百選を読む。