なりたい自分になる

東大ロー生の雑記。法律、アニメ、イラスト、ドラム、ビール、鉱物、時計などについて書きます。

土曜日

9時起床。ベッドの上でだらだらしたり部屋の掃除をしたりする。

 

11時〜、Mくんと日比谷図書館でミーティング。

夕方から日比谷音楽堂で声優の内田真礼のライブがあるらしく、午前の時点ですでにファンの行列が出来ていた。私は普段ライブにあまりいかないのだけど、一目を憚らずに激しくオタ芸の練習をしたり、ファン同士で談笑したりする人々らのコミケにも似たお祭り的一体感を肌で感じて、楽しそうだなぁ、一度は内田真礼のライブに行ってみたいなと思った。それと同時に、内田真礼みたいにたくさんの人を沸かせることのできるアーティストになれたらなとも思った。ただ、内田真礼は顔も声もかわいいからそうなれるけど、僕はそういうわけじゃないから無理だとすぐに気付いた。不公平ではないか。確かに不公平かもしれないし内田真礼だって特別な努力の末にそうなれたのかもしれないが、いずれにしたって僕は何か別な形で頑張るしかないと考えるに至った。

決意を新たにするとともに、そういえば僕も内田真礼結構好きなので、近くに内田真礼がいるのかいないのか(たぶんまだいない)と思うとなんだかよくわからないそわそわ感を感じていたりもした。

図書館では、宍戸先生の『憲法解釈論の応用と展開』を借りて読む。わかったようなわからんようなで、やっぱり憲法よくわかってないなと感じる。

 

12時半〜、Mくんと図書館の地下のプロントで、ミートソーススパゲティ大盛りを食す。

 

14時〜16時、有楽町のサンマルクで、『論点解析知的財産法』の特許篇を4問/18問解く。

 

16〜17時、日比谷図書館に戻り、井上達夫先生の『憲法の涙』を借りて読む。1/3くらいしか読めていないが、憲法9条をめぐる各論者の欺瞞をついて、筋の通った議論を展開していた。

 

〜17時半、イラスト教本を発見し読み漁る。じーっくり研究したいものの各種の試験が近くてできず、いらいらを募らせた。『絵は右脳で描け』を借りる。

 

18時〜、両親と家の近くのイタリアンバルで食事。私の誕生日パーティということだった。ビールを2杯飲む。ビーフ煮込み系のイイダコ料理やドレッシングのうまいグリーンサラダなど。

広告を非表示にする