法とイラスト

法律の雑記、イラストのアップ、ビールのレビュー等をします。

二次創作についての法律論と創作論

他人の創作に依拠しつつ、新たな創作性を付与した類似の作品を創作すること、またはそれによって作られた作品のことを二次創作といいます。著作権法では「翻案」といい、翻案によって作られたものを「二次的著作物」といいます。

二次創作に対してどう向き合うべきでしょうか。

 

法律論としての二次創作

作品を創作した人は、何か届け出などすることなく法律上当然に、その作品の著作権を取得します(出願が必要な特許権などの権利と比較して、「無方式主義」と呼ばれます)。

著作権とは様々な権利の集合体であり、その権利の一部に「翻案権」という権利が含まれます。「翻案権」とは、著作権者が自由に二次創作をし、また著作権者の同意なく二次創作をすることを禁止する権利のことをいいます。

したがって、著作権者の同意を得ることなく、それに依拠しながら類似した作品を勝手に作る行為は原則として、翻案権侵害すなわち著作権侵害になります。

著作権侵害をした場合、著作権者は、侵害者に対して、侵害の差止めや、損害賠償を求めることができます。また侵害者は著作権侵害罪という刑事罰の対象になる場合があります。

 

法律違反の行為をしてはいけないのは当然です。にもかかわらず、日本では、ネット上で二次創作があふれているし、コミックマーケットなどの二次創作を売買するイベントが公然と行われています(私もいろいろアップしています)。

これはどういうことかというと、著作権者が黙示の同意をしている、または著作権侵害を放置しているということです。コンテンツ業界においては、二次創作が盛り上がることによって、ひいては業界全体が盛り上がり、結局著作権者としても利益を得るという場合がしばしばあります。権利者である出版社などが、コミケやpixivを通じて、同人作家の二次創作を見てスカウトしたり、仕事の依頼をしたりする場合もあるようです。

また、一概に著作権侵害といっても、著作者の利益を害しているとはいえない場合があります。たとえば、企業ぐるみでドラえもんやディズニーのコピー商品を大量に生産・販売・輸出などする場合は、間違いなく著作者の利益を害しているといえます。しかし一方で、一個人が非営利で二次創作物をネットにアップしたり、少額の利益を得て二次創作の同人誌を売るような場面では、著作権者としても仮に損害賠償を求めてもあまりお金をとれないでしょう。

これは、コミケに限られず、あらゆる創作分野に妥当する理屈です。そもそも新規な創作は、誰かの頭の中のひらめきだけで生まれるものではありません。他の創作にインスピレーションを受けて、既存の作品を組み合わせながら、新たな創作性を付け加える中で生まれるものです。したがって、二次創作は創作者にとって重要な活動といえます。ちなみに、フランスではパロディの製作が法律で認められていることもこれのひとつの例だと思います(日本の法律では認められていません)。

そういうわけで、著作権侵害がある意味「横行」し、それが放置黙認されているというのが日本の現状であるわけです。

 

これは法律のたてつけとして望ましくありません。なぜなら、著作権者が一言「認めない」といえば、たちまち、二次創作をした人は著作権侵害として損害賠償をされる危険があるからです。著作権侵害には、著作権侵害罪という刑事罰もあります。このような、著作権者の気まぐれな態度しだいで、二次創作者が何らかのデメリットをこうむる危険がある状態であれば、本来権利者が認め、または認められるべき創作活動が萎縮するおそれがあり、ひいては文化の発展そのものが阻害される原因となります。

 

これに対する解決策としては、第一に権利者が「ここまでは利用していいよ」という態度をあらかじめ明確にするという方法があります。これの例として、クリエイティブコモンズや同人マークなどがあります。

第二に、米国著作権法ではフェアユース規定というものがあります。これは、公正な利用であれば他人の著作物の利用を認める包括的な権利制限規定です。フェアユースかどうかは、(1)利用の目的および性質(2)著作権のある著作物の性質(3)著作権のある著作物全体との関連における利用された部分の量および実質性(4)著作権のある著作物の潜在的市場または価値に対する利用の影響の点を考慮して判断されます。

日本の著作権法上はこのような規定はまだありません。しかしインターネット時代において、他人の著作物を利用するときにいちいち権利者に許諾を得るというのはあまりにも現実的ではありません。こういった規定は必要であるように思います。

 

創作論としての二次創作

創作にはオリジナリティが問われます。

一次創作と二次創作のどちらがオリジナリティがあるかと問われれば、それは一次創作です。二次創作はファンアートの域を出ず、原作品に明示的にあやかっている側面が否定できません。オリジナリティを追求するのであれば、一次創作をすべきです。

ただし、両者の違いは相対的なものといえます。なぜなら、前述のとおり、すべての創作は他の作品から影響を受け、既存の作品の組み合わせの要素を大なり小なり含んでおり、たとえ一次創作であっても誰かの頭の中のひらめきだけで生まれるものではないからです。また、二次創作であっても、完全なコピー(複製、贋作、模写)ではなくて、新たな創作性が付与されるからこそ、創作足りうるからです。

作品を作るうえで一次創作と二次創作のメリットデメリットをまとめると次のようになると思います。それぞれのメリット・デメリットが裏返しの関係になります。いずれにも、それぞれの価値があるように思います。

 

 

一次創作

二次創作

メリット

・二次創作に比べるとオリジナリティが高い

・より自由に自分の追求したい価値を創造できる

著作権侵害のおそれは小さい

・興味を持ってもらえやすい。そのため知名度を得やすい

・既存の作品を元にするため、創作のための負担が少ない

デメリット

・興味を持ってもらえにくい。そのため知名度を得るのはハードルが高い

・自分で一から作品を制作するのが大変

・ファンアートの域を出ず、一次創作に比べオリジナリティの点で劣る

・一次創作をするスキルが身につきにくい

(形式的には)著作権侵害となる場合がある