萌えイラスト研究ブログ

イラスト、ドラム、鉱物、腕時計、ビール、辛いもの、英語等の趣味ブログ(メニューは調整中)

TB leagueの素体を購入しました

f:id:aurichalcite:20180708223528j:image

f:id:aurichalcite:20180708223554j:image

f:id:aurichalcite:20180708223558j:image

ずっと欲しかったTB league(旧社名ファイセン)の素体を購入しました。値段は、アマゾンで5800円くらい。

 

元々は、着せ替えをして楽しむドールの素体ですが、肉付きや骨格が非常にリアルで、かつ球体関節人形と違って関節に継ぎ目がなく(シームレス)、さらに人間のとりうるポーズの90%は再現可能らしいので、デッサン人形としても有用なアイテムです。

 

一応マイナスポイントを挙げるなら、

①ヘッドが別売りなこと

②シリコン製なので、胸や尻、その他にも全体的にムニムニしていること(埃がつきそう)。

③変な方向に手足を曲げるとシリコンの肉がシワ寄せを食らって壊れてしまいそうなこと(したがって取り扱いには多少の注意が必要)

④西洋人の理想体型を模した人形のため、ナイスバディすぎること、でしょうか(ただし、アジア女性モデルもあり、胸のサイズもS、M、Lとあります。私が買ったのはアマゾンで一番レビュー数が多かった西洋人-胸Lで、これはこれで悪くはないですが、アジア人-胸Mくらいが落ちつきがいいかもしれません)。

 

しかし、リアルさやポーズのとらせやすさ、シームレスであること等からして、やっぱり買ってよかったなと思っています。

 

※頭ありの参考画像。リアルドールもよいですね。

f:id:aurichalcite:20180708224946p:image

※男もあります

f:id:aurichalcite:20180708224626j:image