萌えイラスト研究ブログ

自分が描いたイラストや、イラスト制作中に考えたこと、イラスト制作に役立ちそうな情報を発信するブログです。

同人誌を増刷

1 増刷

冬コミで頒布した同人誌を追加で250部増刷しました。

 

コミケのときはオンデマンド印刷/50部だったのですが、

増刷分はオフセット印刷にしました。

 

 オンデマンド印刷

・少数部(20部~)であればリーズナブルに印刷できる

・印刷に時間がかからない

・印刷の質が劣る

 

オフセット印刷

・部数にかかわらず一定の初期コストがかかるため、少数部では1冊あたりの価格が非常に高くなってしまう。ゆえに、大部数(200~300部)から注文するのが通常だが、刷れば刷るほど1冊あたりの価格は大幅に安くなる

・印刷に時間がかかる

・印刷の質が高い

 

オンデマンド印刷の色味や画質に少し不満があったので、増刷分はオフセット印刷で刷りたいなと考えておりました。

 

250部というのは、さすがにちょっと多すぎるように思うのですが、

オフセット印刷の場合、25部刷るのも、250部刷るのも価格がさほど変わらないようなので、思い切って沢山刷りました。

 

印刷の仕様のほか、追加でイラストを1枚挿入したり、すべてのページの彩色を修正したりと、色々いじりました。

 

2 賀状

友人に1枚年賀状をもらったので、久々に年賀状を描きました。

 

小学生の頃は、念入りに年賀状を描いて色んな人に出していたのですが、ここ5、6年は一切出していませんでした。

 

そういえば、新年のあいさつは1月7日までに出さないと「年賀状」とは呼べず、

それ以後に出す場合は、「寒中見舞い」というらしいですね。今年になって初めて知りました。

 

私の場合、今回、1月7日を過ぎて出してしまったので、正確には年賀状ではなく、寒中見舞いでした。

 

せっかくなのでイラストを付けて送りました。

寒中見舞いにアニメイラスト(それもおっぱいが大きい)を載せてよいものか一瞬逡巡しましたが、、、相手もアニメに通じた人なので、いいか、と。

f:id:aurichalcite:20190110211455j:plain

※新たに描いたブラックマジシャンガール